本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士とは > 経営倫理士の行動規範

経営倫理士の行動規範

経営倫理士の行動規範

経営倫理士は、その専門的知見を生かし、経営倫理の実践活動を推進し、以下の行動規範に則り社会の発展に尽くします。

1.経営倫理に関わる者としての責任の自覚

私は、経営倫理に関わる者として責任を自覚し、品格を保つとともに、公正、誠実に行動します。

2.人権の尊重

私は、人権を尊重し、多様性を重視します。

3.法令・社会規範等の遵守

私は、法令と社会規範等を遵守し、節度と良識をもって行動します。

4.情報の適正な取扱い

私は、情報を適正に取り扱い、知的財産権を尊重します。

@本規範は、経営倫理士並びに日本経営倫理士協会の役員及び、会員に適用します。

A本規範に関する賞罰は、日本経営倫理士協会理事会が行います。

B本規範は、日本経営倫理士協会理事会において制定を決議し、改廃についても同様とします。

平成24年11月1日制定

特定非営利活動法人 日本経営倫理士協会

「経営倫理士の行動規範」をPDFファイルで保存する