本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士とは > 「初級・経営倫理士」取得講座 > 講義概要

講義概要

文字サイズ  


・本ページでは、「初級・経営倫理士」取得講座の講義概要をご覧いただけます。

・「初級・経営倫理士」取得講座の全体像をご覧になりたい方は、「初級・経営倫理士」取得講座ページをご参照ください。

・「経営倫理士」取得講座の全体像は、「経営倫理士」を目指すページをご覧ください。

・講義概要は、各講座ごとにお示しをしております。
 各講座の教材テキストは、第10期公開開始日(11月30日)以降、毎週2講座ずつ、以下のスケジュールで、本ページにて公開します。
 本講座にエントリーされた方は講座テキスト(ZIP圧縮形式)をダウンロードした後、解凍してご使用ください。  解凍する際には、エントリー時にご連絡頂きましたアドレスに、予め当協会事務局よりメールにてお知らせしております「パスワード」をご使用下さい。
「パスワード」のご連絡メールが届いていない方は、当協会事務局まで、電話(03-3505-0233)またはメールにてご連絡をお願いします。

【第10期 講座テキスト公開日】

11/30(金) 講座1講座2
12/3 (月) 講座3講座4
12/10(月) 講座5講座6
12/17(月) 講座7講座8
12/24(月) 講座9講座10

・過年度に実施した講義の記事・動画については、講座アーカイブページをご覧ください。


第1回

テーマ ガイダンス 経営価値四原理システム
瑛一
講師所属等 日本経営倫理士協会 専務理事
経済ジャーナリスト
日本記者クラブ会員
講義概要 「初級・経営倫理士」講座は、経営倫理の 基礎的テーマについての理論・実務を、 短期集中的に学ぶ初心者向けのものです。 コンプライアンス概論はじめ、CSR、情報セキュリティなど、 現在直面する課題を専門講師が分かりやすく解説します。
10講座をマスターし、確実に経営倫理の基礎知識を身に着けるのが目的です。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約2.0MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第2回

テーマ 経営倫理とコンプライアンス
和敏
講師所属等 日本経営倫理士協会 常務理事・総合企画委員
経営倫理士
ドラッカー学会 企画編集委員
講義概要 コンプライアンスは「法令遵守」と訳された時代から、 今日では法令遵守だけでなく、「相手の願いや期待に応える」 という意味を持つ言葉としてビジネスの世界に浸透しています。 社会の要請に応えていくためには、一歩進んで「相手の身になって 考え、行動すること」です。 この講座でコンプライアンスの真の意味を理解し、 これからの社会での活動に活かしてください。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約1.9MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第3回

テーマ 情報保護と危機管理
一彦
講師所属等 関西大学 社会安全学部・大学院社会安全研究科 教授
日本経営倫理学会 理事 日本経営倫理士協会 理事
経営倫理実践研究センター 上席研究員
講義概要 近年、企業の情報管理に関する様々な事件が起きている。 多くの場合、適法性判断が難しい「ファジー」な事案である。 本講座では、このような様々な事案をケースとして取り上げ、 適法性及び社会受容性判断に関する解説を行うとともに 2015年9月3日に成立した改正個人情報保護法を中心に、 企業における情報管理と危機管理のあるべき姿を探求します。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約1.7MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第4回

テーマ 経営倫理とヘルプライン
勝幸
講師所属等 日本経営倫理士協会 総合企画委員
経営倫理士
ローソン コンプライアンス・リスク統括室
講義概要 内部通報制度(ヘルプライン制度)を理解するため、 そのベースとなる公益通報者保護法の概要を説明し、 内部通報制度の必要性、メリット、有効性を解説します。 また、内部通報制度を運用する際にどのようなことに 注意すべきかについても説明します。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約1.8MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第5回

テーマ 経営倫理とダイバーシティ㊤
雅穂
講師所属等 中央大学総合政策学部 兼任講師
博士(人間福祉)
経営倫理士
講義概要 《障害者の雇用》 ダイバーシティ(多様性) を生かせる企業と社会の在り方を、経営倫理の視点から 解説します。前半は障害のある人の雇用に焦点を当て、 障害をダイバーシティとして生かす方策を企業と政策の 両レベルで考察します。 障害者雇用率制度、障害者差別解消法、国連の障害者権利条約や ISO26000等を取り上げ、企業で必要な対応と視点を学びます。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約2.1MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第6回

テーマ 経営倫理とダイバーシティ㊦
雅穂
講師所属等 中央大学総合政策学部 兼任講師
博士(人間福祉)
経営倫理士
講義概要 《女性活躍 その他》 後半は2016年4月施行の 女性活躍推進法を中心に、女性が活躍できる企業と社会に 焦点を当てます。 男女共同参画政策、ポジティブ・アクション等の施策とともに、 CSRの視点から求められる企業の施策を考察。 またLGBT、高齢者の雇用も取り上げ、全体を通して ダイバーシティ推進における経営倫理の役割を把握します。
テキスト
ダウンロード
ZIPファイル(約2.4MB)
このファイルをダウンロードする

講座テキスト公開日一覧へ

第7回

テーマ 経営倫理とハラスメント
殿鉄也
講師所属等 日本経営倫理士協会 総合企画委員
経営倫理士
協和メデックス 管理部 総務グループマネジャー
講義概要 ここまでの講座で経営倫理の理論について、十分理解されたと思います。 この講座では、企業が実践しているハラスメントへの対応について、取り上げます。 @ハラスメントとは A企業の対応 B事例紹介 Cパワハラ判定法の紹介
テキスト
ダウンロード
準備中

講座テキスト公開日一覧へ

第8回

テーマ 経営倫理とCSR
順一
講師所属等 駿河台大学 経済経営学部教授・総合政策研究科教授
日本経営倫理学会 副会長
経営倫理実践研究センター 首席研究員
講義概要 CSRの4つの責任と、それを進めるリーダーシップを解説します。 倫理的な企業文化をつくることが経営倫理とCSRの浸透・定着に必要なことを学びます。
テキスト
ダウンロード
準備中

講座テキスト公開日一覧へ

第9回

テーマ コンプライアンス企業事例の紹介
(サントリーホールディングスの取組み)
恵美
講師所属等 日本経営倫理士協会 総合企画委員
経営倫理士
サントリーホールディングス コンプライアンス室
講義概要 企業におけるコンプライアンスの取り組みは、 取り組みの基本である活動サイクルのPDCA (PLAN・DO・CHECK・ACTION)を回しながら、 社員ひとりひとりのコンプライアンスマインドを スパイラルアップさせていくことが必要です。 コンプライアンスは、法令遵守を超え、全ての ステークホルダーの期待に応えて成長していくための ナビゲーションです。
テキスト
ダウンロード
準備中

講座テキスト公開日一覧へ

第10回

テーマ 講座のまとめと課題
瑛一
講師所属等 日本経営倫理士協会 専務理事
経済ジャーナリスト
日本記者クラブ会員
講義概要 企業不祥事が続発しています。 企業不祥事は、経営倫理の対極にある重大な負の現象。 最終講では、企業不祥事の分析、課題追求に取り組みます。 教材は企業倫理動向調査・不祥事ワースト10(2010〜2015の6年間分。 経営倫理士アンケート)を使用。
テキスト
ダウンロード
準備中

講座テキスト公開日一覧へ

「経営倫理士」取得講座に関するお問い合わせ

日本経営倫理士協会(ACBEE JAPAN)事務局
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂1−1−12 明産溜池ビル 8階
  • TEL/FAX:03-3505-0233
  • E-MAIL:info@acbee-jp.org