本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 17期:2013年9月17日実施講義

<第10回講義(後半):服部 彰講師>
 公認会計士の業務と倫理

 第10回後半の部では、服部彰講師(公認会計士、日本経営倫理学会監事)が「公認会計士の業務と倫理」というテーマで講義を行った。

 服部講師は、講義の冒頭で、公認会計士の業務について解説。公認会計士の仕事は大きく分けて、@保証業務(監査など)、A税務、Bコンサルテーションの3つに分類することができるという。また、公認会計士の基本機能は「公正な会計の担保」である点を強調した。

 続いて、会計不祥事の特徴を説明。粉飾・不正経理の動機として、経営者の地位確保、節税、買収価額のつり上げ、利益の移転といったケースが多いと指摘した。

 一方、監査人(監査法人、公認会計士)の失敗例についても解説。監査人が善意のケースとして、@不十分な監査(監査人の能力・経験不足など)、A十分な監査だが不正行為者が巧妙に隠ぺい、B監査の限界(強制捜査権を持たない、経営者不正には対応しきれないなど)を挙げた。また、監査人が悪意に基づき会社との共謀するケース、さらには監査を不適切に妥協してしまうケースなどがあるという。

 服部講師は他にも、会計監査と経営者の倫理、公認会計士の倫理規則などについて説明。講義の最後には、「なぜ企業不祥事がなくならないのか」という点について、公認会計士の立場から解説を行った。



【動画】第10回講義(後半)の様子

服部彰 講師
・日本経営倫理学会(JABES) 監事
・公認会計士

2013年09月18日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ