本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 17期:2013年9月10日実施講義

<第9回講義:吉田 邦雄講師>
 経営倫理と監査の新しい動き

 第9回講義は、吉田邦雄講師(ポーラ・オルビス ホールディングス内部監査室部長、経営倫理実践研究センター上席研究員)が「経営倫理と監査の新しい動き」というテーマで講義を行った。

 吉田講師はまず、「三様監査」について解説。監査には、@内部監査、A監査役監査、B公認会計士監査の3種類があり、それぞれ役割が明確に分かれている。

 続いて、コーポレートガバナンスについて説明。コーポレートガバナンスは、主に企業の意思決定の仕組みを指すが、企業経営のチェック体制を明確にすることで、経営者の独断・暴走を牽制する狙いもあるという。

 さらに、吉田講師は、倫理監査の具体的な内容についても解説。監査の目的とは、「企業倫理規範」制定後の全社展開状況の確認、問題の共有などがある。また、監査方法は、@実地監査、A書面監査があると述べた。

 講義の最後には、監査人の心得についても言及。監査人は、@誠実性、A客観性、B秘密の保持が大切であると話した。また、この3つに加え、「監査専門知識の習得に努めなければならない」と、監査人の姿勢についても熱く語った。



【動画】第9回講義の様子

吉田邦雄 講師
・経営倫理実践研究センター(BERC) 上席研究員
・株式会社ポーラ・オルビスホールディングス 内部監査室 部長

2013年09月11日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ