本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 17期:2013年5月14日実施講義

<第1回講義(後半):橋 浩夫講師>
 今、なぜ経営倫理なのか
   ――グローバルな視点から――

 第1回目後半の部では、高橋浩夫講師(日本経営倫理学会会長、白鴎大学大学院教授)が「経営倫理の基礎理論」というテーマで講義を行った。

 高橋講師は、経営倫理の基礎理論に加え、なぜ経営倫理が必要なのか、その理由について解説した。

 まず倫理とは、人間の内面的な価値観であり、良心の命ずる行動規範であるという。ここから発展して企業倫理とは、組織共同体としての行動規範のあり方を表すと解説。

 また、企業倫理網領であるコード・オブ・コンダクトについては、決して難しいことではないと指摘。今日の企業倫理問題の多くは、法律に違反している行為。社会通念や常識的判断から考えれば、容易に見当がつくと説いた。

 いま、市場が進化し、消費者の企業を見る目がとても厳しくなっている。法律違反や社会規範から逸脱する行為には反発が起き、企業の社会性・公共性を問う法律も制定つぎつぎと制定されている。

 これからは、「社会規範の変化による企業のあり方」が求められると熱弁した。



【動画】第1回講義(後半)の様子

高橋浩夫 講師
・日本経営倫理学会 会長
・白鴎大学大学院 経営学研究科 教授

2013年05月15日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ