本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年11月6日実施講義

<第14回講義(後半):千賀 瑛一講師>
 経営倫理士講座の総括

 「経営倫理講座の総括」として、千賀瑛一日本経営倫理士協会専務理事の講義が行われた。

 「経営倫理士はどんな活動をしているのか」「2011年コンプライアンス重要ニュース」の2テーマについて解説した。

 経営倫理士は、企業倫理のスペシャリスト。今後、プロとしてそれぞれの企業で活躍してほしいと話した。一方、企業として経営倫理士のノウハウや知識が活かさないようでは、不祥事もなくならないと力説。経営倫理士の力があってこそ、情報公開も進み、ステークホルダーとのコミュニケーションも取れると話した。

 続いて、2011年コンプライアンス重要ニュースについて解説。経営倫理士アンケートなどを通じて、情報化社会のなかで、アナウンスしていくことの重要性を強調した。受講生にも、日本の産業界に対して提言していく姿勢を持ってほしいと話した。



【動画】第14回講義(後半)の様子

千賀瑛一 講師
・日本経営倫理士協会(ACBEE JAPAN) 専務理事

2012年11月07日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 17期講座へ