本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年10月9日実施講義

<第12回講義(後半):松本 明講師>
 ステークホルダー・ミーティング

 「ステークホルダー・ミーティング」というをテーマで、松本明大和ハウス工業経営管理本部CSR推進室長が講義を行った。

 ステークホルダー・ミーティングについて、@目的、A実施状況、B日程・反省などの項目に分けて解説した。

 企業もステークホルダーの一員となり、社会課題の解決を行うことが新しいステークホルダーとの関わり方だと説明。自社の協議だけでなく、社会の声を聞くことが大切だと話した。

 続いて、昨年大和ハウスが実施したステークホルダー・ミーティングについて説明があり、テーマ、タイムスケジュール、全体会議の結論、反省点など、具体的な話へと展開した。

 後半は、企業倫理のPDCAについて解説。PDCAサイクルと実施事項、ヘルプライン、社員意識調査と職場の改善活動などについての話があった。



【動画】第12回講義(後半)の様子

松本明 講師
・大和ハウス工業株式会社 経営管理本部 CSR推進部長

2012年10月09日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ