本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年9月18日実施講義

<第10回講義:堀内 光子講師>
 女性と労働と人権

 「女性と労働と人権」というテーマで、堀内光子文京学院大学大学院特別招聘教授・元ILO事務局長補が講義を行った。

 まず、世界経済フォーラム(ダボス会議)で公表されたジェンダーギャップ指数について、日本の順位の低さを指摘。国際的にみると、まだまだ日本の男女格差は大きいと説明した。

 続いて、@グローバル経済化と労働、A女性と人権、B国際的にみた日本の女性の地位、C女性と労働(女性の登用、ワーク・ライフ・バランス、ハラスメント)、Dワーク・ライフ・バランスについて、各種の資料・データを用いて解説。

 我が国における男女共同参画が国際的に遅れている理由として、仕事と家事、育児、介護等との両立支援制度がないことを挙げた。男女共同参画を広めるためにも、両立支援制度を法律で義務づける必要性があることを力説した。



【動画】第10回講義の様子

堀内光子 講師
・文教学院大学 特別招聘教授

2012年09月19日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ