本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年9月4日実施講義

<第8回講義(前半):町井 則雄講師>
 社会貢献活動の現状と課題

 「社会貢献活動の現状と課題」というテーマで、町井則雄日本財団CSR企画推進チームリーダーが講義を行った。

 まずは社会貢献活動の現状について解説。世界のCSRの捉え方、ISO26000の流れ、CSRとCSVの違いなどについて説明した。

 さらに町井講師は、すべての組織が社会的責任を果たさなければ、世界が持続可能ではなくなる時代が来る、と述べた。

 次に、東日本大震災支援の事例をもとに、NPOと企業の連帯について話した。面の動きができる企業と課題解決に深掘りできるNPOがつながることでソーシャルイノベーションが生まれるという。

 これからは「社会課題の解決」こそが、企業の社会貢献活動に期待されるであると力説した。



【動画】第8回講義(前半)の様子

町井則雄 講師
・日本財団 CSR企画推進チーム リーダー

2012年09月04日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ