本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年7月10日実施講義

<第6回講義(前半):奥山 俊宏講師>
 企業不祥事報道の視点と背景

 「企業不祥事報道の視点と背景」というテーマで奥山俊宏朝日新聞記者が行った。

 講義は、福島第一原発事故やオリンパスの損失隠し事件を事例に挙げ、企業不祥事報道の視点について解説。

 さらに、近年、嘘をつくことへの風当たりの激化や、誰への忠誠なのか、組織の統治(ガバナンス)など、世の中の背景事情の変化についても説明した。



【動画】第6回講義(前半)の様子

奥山俊宏 講師
・ジャーナリスト
・朝日新聞社 記者

2012年07月11日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ