本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年6月5日実施講義

<第4回講義:若狭 勝講師>
 企業不正と検察

 「企業不正と検察」というテーマで若狭勝弁護士(前東京地検公安部長、元同特捜部副部長)が行った。

 講義は、5つの価値観(公正、透明性、説明責任、情報公開、情報管理)を中心にリスク管理、危機管理のあり方をとり上げ、さらに時代によって変化する「動く価値観」について解説した。

 若狭講師が特捜検察時代に手がけた事件や、最近話題になった大阪市職員の入れ墨などタイムリーな事例をとりあげながら、具体的な理論を展開した。

 近年、大きなうねりの中で、企業危機と価値観は絶えず変化しており、これからは「動く価値観」に沿って考えることの重要性を強調した。



【動画】第4回講義の様子

若狭勝 講師
・弁護士
・前 東京地検 公安部長
・元 東京地検特捜部 副部長

2012年06月06日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ