本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年5月29日実施講義

<第3回講義:池田 耕一講師>
 経営倫理と内部統制

 「経営倫理と内部統制」というテーマで池田耕一立命館大学大学院客員教授が行った。

 講義は、@現代型企業不祥事の典型事例と特徴、A現代型企業不祥事多発の根っこは何か、B経営倫理の動的・多面的展開、C経営倫理の取り組みポイント、の順で行われた。

 グローバル化による社会の価値観の急激な変化、会社の内部告発における意識の変化、不祥事の多くは幹部に焦点があることなどを例に挙げて説明。生身の人間が運営しているのが会社、風通しのよい風土と仕組みをつくることが重要だと説明した。講義の最後には「経営倫理と内部統制」の取り組み事例として、パナソニックにおけるコンプライアンスを軸にグローバル・グループの内部統制について解説した。



【動画】第3回講義の様子

池田耕一 講師
・立命館大学大学院 経営管理研究科 客員教授

2012年05月30日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ