本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理士を目指す > 経営倫理士講座アーカイブ > 16期:2012年5月22日実施講義

<第2回講義:辛島 睦講師>
 経営倫理と法務

 「企業倫理の実践と法務」というテーマで辛島睦日本経営倫理士協会理事長が行った。

 講義は、法律と倫理の違いについて他者危害防止の原則などを例に挙げながら解説。企業倫理とは、事業活動において守るべき道徳であり、法律面からみると他者危害防止の原則があてはまるという。

 次に米国と日本に分け、企業行動と法の歴史が説明され、さらに最近の法令・判例について事例を挙げながら説明された。まとめとしてコンプライアンス経営と法務についての説明があり、法務部門の役割、時流の変化へ対応する必要性が説明された。



【動画】第2回講義の様子

辛島睦 講師
・日本経営倫理士協会(ACBEE JAPAN) 理事長
・弁護士
・日本経営倫理学会(JABES) 副会長

2012年05月23日配信


前の講義へ 講座アーカイブへ戻る 次の講義へ