本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理情報 > ニュースダイナミクス > 2017年4月8日配信記事

ネクスト・ソサエティ フォーラム2017 主催:ドラッカー学会
「われわれはいかに働き、どう生きるべきか」
  〜「強み」と共に生きる〜  Living with your "strength".

 “経営の神様” “マネジメントの生みの親”と呼ばれる現代経営学者ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)の思想と実践を学び、進化と発展を図る活動を続けているドラッカー学会(代表・三浦一郎立命館大学教授)は5月13日、東京・新宿の早稲田大学国際会議場でネクスト・ソサエティ フォーラム2017「われわれはいかに働き、どう生きるべきか」〜「強み」と共に生きる〜Living with your “strength”を開催します。経営倫理士協会の会員にも特別割引プランで参加を受け付けています。  

  • 日 時:5月13日(土)10:00受け付け、10:35〜18:00フォーラム 懇親会〜20:00
  • 場 所:早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール
  •     住所:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目20−14 電話:03-5286-1755
  • プログラム
  • 【午前の部】グループワーク(申し込み時に選択)10:40〜12:00
  •   社会生態学とは何か/ドラッカーの小さな学校/もっとも重要な五つの質問/「非営利
      組織の経営」を読む/女性が読む「経営者の条件」
  • 【午後の部】講演・対談13:10〜18:00
  •  ・「われわれはいかに働き、どう生きるべきか」上田惇生(学会学術顧問/ものつくり大学
      名誉教授)
  •  ・「『再考の授業』を世界の果てまで届けよう」税所篤快(E-education代表)・友成真一
      (早稲田大学大学院教授)
  •  ・「奇跡を起こす読書会」佐藤等(学会理事)×吉田麻子(カラーディア代表・作家)
  •  ・「ドラッカーは現代の世界にどう役立つか」西條剛央(早稲田大学大学院MBA客員准
      教授)/聞き手:井坂泰志(学会理事)
  • 料 金:フォーラム&懇親会
  •  ・一般の方:通常プラン:9,000円 ⇒ 現在早割プラン適用中:8,000円(4/13まで)
  • ACBEE特別プラン:8,000円 ⇒ 現在早割プラン適用中:7,000円(4/13まで
  •  ※チケット購入サイト「Peatix」のお申込ページにて、下記割引コードをご指定ください。
      一般の方よりも1000円引きとなります。   ◆割引コード:ACBEE
  •  ・学生:4,500円(一般及び協力団体様共通)

 いま世界は、大きな変革の時代を迎えています。ドラッカーのいう「ネクスト・ソサエティ」が、まさに「プレゼント・ソサエティ」になりつつある時代です。ドラッカーは、変化の時代において重要なことは、「変わらざるもの、すなわち『基本と原則』を確認すること」と半世紀近く前のその著作「マネジメント」の冒頭で伝えています。激動の時代が始まった"今だからこそ"「基本と原則の確認」を求める方が増え、今また「もう一度ドラッカー」と、再び注目を集めつつあります。

 またドラッカーは、その著書『経営者の条件』の中で、成果をあげるための5つの能力の1つとして「強み」をあげています。「弱みからは何も生まれない」「結果を生むには、利用できるかぎりの強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを動員しなければならない」「強みこそが機会である」と。そこで、わたしたちは今回、成果を上げるための「基本」として、「強み」をテーマとしたフォーラムを開催することにいたしました。

リーフレット


 このウィンドウでPDFを開く(※)
 新規ウィンドウでPDFを開く(※)
 ウィンドウ上で開かず、PDFをすぐに保存する
※一部ブラウザ上では、PDFを開かずに保存画面に移行する場合がございます。



2017年4月8日配信

前の記事へ 記事一覧へ戻る