本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理情報 > ニュースダイナミクス > 2013年9月6日配信記事

ACBEE戦略セミナー2013「ダイバーシティ経営と障がい者雇用」
サノフィ株式会社が先進事例を報告

 日本経営倫理士協会(ACBEE)主催のACBEE戦略セミナー2013「ダイバーシティ経営と障がい者雇用」セミナーが、2013年8月22日、海事センタービル(東京・千代田区)で開催された。

 本セミナーでは「障がい者雇用」をテーマに、企業における障がい者への配慮、持続可能な雇用・戦略化に向けた取り組みになどについて考えた。

 はじめに、ファシリテーターを務める村松邦子氏(同協会フェロー研究員、総合企画委員)がセミナー開会を宣言。続いて、専務理事の千賀瑛一氏が挨拶。「ACBEEの取り組みの中でもダイバーシティはとても重要なテーマ。格差是正、差別撤廃など、ヒューマニズムこそが基本理念。これらを踏まえ、セミナーでしっかり知識・情報を身につけて欲しい」と語った。

■山田氏「障がい者雇用とISO26000」講演

 セミナーは3部構成となっており、はじめに山田雅穂氏(中央大学総合政策学部特任助教)が「障がい者雇用とISO26000」というテーマで講演を行った。

 山田氏は、まず、日本の障がい者雇用の実態について説明。「障がい者の実雇用率」は1.69%、「障がい者雇用を自社のCSRの一環として扱っていない」という企業が72.4%もあることを指摘し、障がい者雇用を重要課題として捉えている企業の少なさを訴えた。

 また、山田氏は、障がいがあっても働ける企業を増やすためには、@障がいへの配慮、AISO2600の活用の2点が重要であると解説。続けて、継続的に障がい者雇用を行うためには、@経営トップが起点となり、障がい者雇用を事業内容に関連させる、A経営倫理として障がい者雇用を捉える、Bステークホルダーエンゲージメントで明らかになった配慮内容を実現するシステムの構築と、PDCAサイクルの改善が不可欠であると述べた。

開会挨拶をするファシリテータ―の村松邦子氏
開会挨拶をするファシリテータ―の
村松邦子氏
「障がい者雇用とISO26000」のテーマで講演する山田雅穂氏
「障がい者雇用とISO26000」のテーマで
講演する山田雅穂氏


■障がい者雇用は経費削減に貢献

 続いて、サノフィ株式会社「ラ・メゾンビジネスサポートセンター」の本山聡平氏、尾上昭骼≠フ2人が前・後半に分かれ、先進事例紹介として講演を行った。

 本山氏は、サノフィの障がい者雇用に対する指針や、ラ・メゾンビジネスサポートセンター設立の経緯などについて解説。同センター設立前に行った障がい者を受け入れるための社内インターンシップでは、「パソコンを使ったExcel入力、電子メールの作業は、普通にできた。仕事も丁寧で正確」という感想を持つ社員が多くいたという。

 後半を担当した尾上氏は、「サノフィの障がい者雇用の現状と課題」と題し、ラ・メゾンビジネスサポートセンターのより具体的な事例紹介を行った。同センターで、障がい者が実際に行っている1日の固定業務などを紹介。名刺作成、大量印刷、案内状作成など、他社に依頼していた業務を同センターで受け持てば、経費削減につながり、利益を生むと熱弁。さらに、障がい者雇用における取り組み体制、注意ポイント、心構えなどについても詳しく解説した。

「ラ・メゾンビジネスサポートセンター」の設立経緯を解説する本山聡平氏
「ラ・メゾンビジネスサポートセンター」の
設立経緯を解説する
本山聡平氏
「サノフィの障がい者雇用の現状と課題」というテーマで、事例紹介する尾上昭骼
「サノフィの障がい者雇用の現状と課題」
というテーマで、事例紹介する
尾上昭骼


■受講生同士、ソーシャルスキルトレーニング

職場ソーシャルスキルトレーニングを紹介する中田貴晃氏
職場ソーシャルスキルトレーニングを
紹介する中田貴晃氏

 最後に、キューブ・インテグレーション株式会社の中田貴晃氏が職場ソーシャルスキルトレーニング活動概要の講演を行った。

 中田氏は、障がい者雇用の一番難しい点は、離職リスクが高いところであると指摘。その要因として、人間関係のストレス、コミュニケーションなどの問題を挙げた。また、トレーニングを続けることで、ビジネスマナー、ソーシャルスキルが備わってくるという。

 講演後半では、実際に受講生同士で、ソーシャルスキルトレーニング(SST)を体験する時間が設けられた。2人1組に分かれ、SSTを体験。10分程度の時間で、初対面の受講生同士が打ち解け合い、会場は大変な盛り上がりを見せた。トレーニング後、体験した受講生もSSTの効果にとても感心した様子だった。

 また今回は、日本経営倫理学会との協力イベントという性格もあり、同学会員も多数参加、熱心な質問が続いた。

2013年09月06日配信

※2014年04月01日追記:「CSR戦略セミナー」からの改称に伴い、記事本文も修正しました。


前の記事へ 記事一覧へ戻る 次の記事へ