本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理フォーラム > アーツ・ワールド > 2018年06月19日配信記事

     汐留で「ジョルジュ・ブラック展」
    キュビズム巨匠の立体作品シリーズ

「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容――メタモルフォーシス」が、パナソニック汐留ミュージアムで開かれている。
 キュビズムの巨匠ジョルジュ・ブラック(1882〜1963)は、同じキュビズムで活躍したピカソとともに同派の旗手として革新的な成果を残した。ブラックは、晩年、絵画から立体造形の制作に打ち込み、下絵のアイデアを生かして一本の金棒を折り曲げて作られた作品など、さまざまな素材の彫刻から、陶器、そしてジュエリーなど幅広く取り組んだ。
 本展ではサブタイトルで「絵画から立体への変容――メタモルフォーシス」と紹介しているように、ブラックの「メタモルフォーシス」シリーズに焦点を当てた。このような企画展は日本で初めて。

「メタモルフォーシス」とは、ブラックが晩年の1961年から63年にかけて取り組んだ、一連の平面と立体作品の総称。古代ローマの詩人オウィディウスによる《変身物語》をイメージさせ、フランス語では「変身」や「変容」を意味する。
 今展では、平面から立体制作への変容が、良く理解できる作品が展示されている。立体造形のもとになった絵画も多数、出品され、大いに参考になる。これらの絵画をはじめ、ジュエリー、彫刻、陶器、モザイク、タピスリーなど約100点が展示されている。
 ブラックは、鳥やギリシャ神話をモチーフとした作品が多いのもひとつの特色。見どころは、「青い鳥 ピカソへのオマージュ」(1963年 グワッシュ サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック・メタモルフォーシス美術館蔵)や、また鉱物アメジストで飾られた《グラコウス》のほか、特に展示冒頭部分で、ブラックの現存する最初期のグワッシュなど、記念碑的絵画作品が少数だが公開されている点。
 ブローチ「三つの恩恵(三美神)」(同美術館蔵)も注目される。この「三つの恩恵」は、ギリシャ神話に登場する女神アグライア、エウプロシュネ、タレイアを三羽の鳥で表現している。
 「ブラックが、立体制作に鳥のモチーフによる作品を多用しているのは、表現する象徴として導入しやすい要素がある」という見方がある。また、「鳥の飛翔で、外界へはばたいていく状況を表現している」とその着想と職人とコラボレーションした技術は高く評価されている。

(陶)

○会 期:東京展は6月24日(日)まで開催
 ○休館日:水曜日
 ○開 館:10:00〜18:00
      *入館は閉室の30分前まで
 ○入館料:1000円(学生割引あり、シルバー割引あり、小学生以下無料)
 ○アクセス:JR「新橋」駅徒歩約8分
  問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

「ジョルジュ・ブラック展」展示風景=パナソニック汐留ミュージアム

2018年06月19日 配信

前の記事へ 記事一覧へ戻る