本文へスキップ

企業・組織の経営倫理を推進する人材を育成・支援するNPO法人

トップページ > 経営倫理フォーラム > アーツ・ワールド > 2013年9月29日配信記事

代表作はじめ貴重な下絵も展示
  東京国立近代美術館(竹橋)で
  「竹内栖鳳展―近代日本画の巨人―」が開催中

 幕末の京都に生まれた日本画壇の重鎮、竹内栖鳳(1864〜1942)。

 1937(昭和12)年に第1回文化勲章を横山大観とともに受賞しており、「東の大観、西の栖鳳」という言葉が表すように、美術愛好家の間で高い人気を誇っている。今回は栖鳳の主要作品が年代順に展示されており、充実した内容の展覧会。

 栖鳳は、京都四条派の幸野楳嶺に学び、師匠の北越地方の旅に随行して重要な資料を模写する仕事などで経験を積んだ。さらに、ライオンの描写を学んだというパリ万博視察や中国旅行など、豊富な旅行経験と観察を基に晩年まで、独自の作風を発展させていく。

 栖鳳の特色は、脱伝統的・西洋的絵画表現といわれる。若い頃には、線描による緻密な描写が見られたが、長年取り組んできた実物観察の成果として、晩年には、数筆で生物の描写を行う境地に達している。生涯で100冊を超えるスケッチを行った。また、弟子には、自分の新しい目で見、その感性にふさわしい独自性のあるスケッチを奨励したという。

 栖鳳の、栖鳳たるゆえんは、古典の名作を自分なりに咀嚼し、再構成したこと。しかもその完成度がきわめて高いという点が評価されている。

 展覧会に初めて出品される作品はじめ、下絵や史料なども含め、約150点が展示されている。

 有名な山種美術館の所蔵作品「班猫」(重要文化財)のほか、「獅子図」「象図」「熊」「雄風」など代表作、大作が展示の多数を占める豪華な内容。

 最後に飾られてある未完の「渓流」なども圧巻だ。

 10月22日(火)〜12月1日(日)の日程で京都市美術館に巡回する予定。

 会期:2013年10月14日まで
 休館日:月曜日(10月14日は開館)
 観覧料:一般1,300円(学割有り)

(陶)

2013年09月29日配信


前の記事へ 記事一覧へ戻る 次の記事へ